どうも、多司です。

 

 

ひと昔前まで、

 

 

「権威」には、その名のとおり

シッカリと「権威」があったんですが、

 

 

今では、

権威そのものが廃れた気がしますね。

 

 

たとえば、

 

 

昔、学校の先生って

「絶対的」だったワケですよ。

 

 

 

kyosi

 

 

 

人生の師というか、

先生は「先生」という生き物というか、

 

 

もし体罰を受けた場合であっても

教育的指導の一環と見なされていて、

誰も文句を言わなかったですし、

 

 

中には、猪木の闘魂注入ビンタくらいに

体罰を愛情と捉える者も居たりしたワケです。

 

 

もし、そのような時代に、

体罰を受けたことへの抗議をしようものなら

逆に、言った側が変わり者扱いされるような

世にも奇妙な社会風潮だったワケです。

 

 

けど、時代の流れと共に、

いつしか、そうでは無くなりました。

 

 

 

 

 

 

まるで、ジュラ紀、白亜紀の恐竜誕生のごとく、

モンスターペアレンツが登場してからというもの

先生の威厳はスッカリ失墜したワケです。

 

 

しかも、教師だけに限らず

弁護士、大学教授、医者、警察官。。。

各分野の絶対的賢威だった人たちも

 

 

あってはならない、やってはならない

不祥事を引き起こすケースが増え始めたことで

同様に権威性が失われているワケです。

 

 

そういうわけで、昔に比べて今は、

世の中の人々の価値観というものが

ビッグバン並みに激変しているのです。

 

 

その最もたるものが、

当時と今の「恋愛観念」です。

 

 

 

kataomo

 

 

昔の社会風潮は、

一生懸命かつ根気強く、異性に求愛する相手を

誠実で 情熱的な人と捉えていたワケです。

 

 

なので、

今で言うところのストーカー的行為であっても

怖がられたり、気持ち悪がられたりすることは

ほとんど無く、むしろ好感をもたれていたのです。

 

 

その証拠に、昭和の恋愛映画などを観ると

若い青年が、雨の中、ズブ濡れになりながら

彼女の部屋を見つめ続けるという、

 

 

今で言えば、恐怖を感じるような異様な場面でも

その気配に気づいた彼女は、一途な彼の行為に心打たれ、

次第に気持ちが傾いていくといったような

マジでありえないような展開ばかりです(笑)

 

 

しかも、「黙って俺についてこい!」的な

ゴリラのようにワイルドで強引な振いであっても

女性からは頼もしいと受け取られていたワケで、

 

 

今でこそ首をかしげてしまうような行為も

誰もがポジティブに受け取ってくれた

ミラクル級の素敵な時代だったワケです。

 

 

しかし、今はどうでしょう?

 

 

洗脳が解かれた現代(いま)

 

 

 

gome

 

 

 

好きな人に告白するも、

ゴメンナサイm(__)mと、断られたが最後、

 

 

二度目のアタックなんかした日にゃ

即行、ストーカー認定されて

ヘタすりゃ逮捕なワケですよ。

 

 

しかも、昨今の通報ブーム。

 

 

「駅はどっちですか?」と尋ねただけで

事案発生という異常なまでの軟弱社会。

 

 

どうして、こんな時代になったのか?

 

 

男がゴリラで居られた昔だって

十分異常な時代だったワケですが、

 

 

現代もひけを取らないくらい

サイコパス的に異常な時代となりました。

 

 

僕が思うに、それもこれも、

すべての元凶は

インターネットの普及にあると思うワケです。

 

 

 

net

 

 

 

それまで各個人で判断していた物事が

大勢で共有できるようになったことから、

情報や知恵の幅が広がり

 

 

それまで常識と諦めていたことが、

実は異常だったことに気づくようになり

強気の態度が取れるようになったワケです。

 

 

それにより、徐々に世の人々の

意識や行動が激変していったのです。

 

 

このことからも分かるとおり、

ネット主流の情報化社会においては、

旧態依然とした手法はヤバイほど通用しません。

 

 

ほんのちょっと前まで常識だったことも

時間が経過したアイスクリームのように

原型をとどめないほど溶けて崩れていきます。

 

 

ネットビジネスで成功を目指しているのに

いつまでも思うような結果が出ない場合は、

世の中の常識の変化に

 

 

気づいていない可能性があるのです。

 

 

ということで、

今回は以上となります。

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました。

 

▼ではまた次回。