どうも、多司です。

 

 

とても残念なことですが

 

 

世の中には

「イジメ」というものが存在します。

 

 

izime

 

 

本来、あってはならない事ですが

それでも「イジメ」は根絶されぬまま

未だに大きな社会問題となっているワケです。

 

 

「イジメ」が、

人格形成の未熟な

子ども社会の話だけかと思いきや

 

 

情けないことに、

しかも、ありえないことに、

大人の社会にも存在していたりします。

 

 

それは職場であったり、

幼稚園や学校の

ママ友の間であったり、

 

 

izim2

 

 

いろんな場面において

存在していたりするワケですが、

 

 

子どもの「イジメ」が

冗談半分、面白半分な気持ちから

発生するモノだとすれば

 

 

大人の「イジメ」は

妬み(ねたみ)、嫉み(そねみ)

嫉妬(しっと)、逆恨み

などに起因しているようで、

 

 

その動機は

アレコレあると思いますが、

 

 

結局、標的となる

被害者側の気持ちを考えた場合

そこに大きな違いは無いワケです。

 

 

izim2

 

 

そもそも、なぜ

イジメのターゲットに

なってしまうのか?というと、

 

 

それは、あらゆる意味で

「弱い(弱く見える)」からです。

 

 

たとえば、

 

 

冗談のつもりであっても

強面(こわもて)の人に

わざわざチョッカイを出す人って

そうそういませんよね?

 

 

からかったり、

ちょっかいを出せるのは

それを容認するであろう

反撃の恐れが無さそうな人です。

 

 

元々、気のやさしい、

大人しい感じの人のほうが

そのターゲットになりやすいワケです。

 

 

なので、もし最初に

それらしい事をされた場合

ヘラヘラしていたらアウトです。

 

 

なぜなら、人間の刺激欲求は

さらにエスカレートするように

なっているからなんです。

 

 

kyouaku

 

 

黙っていれば、

さらに、厚かましく大胆な行動を

取られるようになります。

 

 

小さな種火の内に消しておけば

簡単に消えていたはずの火も

勢いを増せば消火が難しくなります。

 

 

特に、子どもの頃の

1、2年の歳の差って、

かなり大きな格差を感じますから

 

 

威圧的な相手に対して歯向かうことは、

それなりに勇気の要ることだと思います。

 

 

僕自身の経験から言えば

 

 

子どもの頃も、大人になってからも

イジメに遭いそうな

場面や状況がありましたが

 

 

ある方法によって、

すべて回避してきました。

 

 

その方法は、

とても単純なことです。

 

 

しかも、

わずか数秒で

解決してしまうことです。

 

 

で、それが

どういう方法なのかというと、

 

 

怒りをハッキリ態度で示しながら

「言い返す」「歯向かう」

 

 

hangeki

 

 

ということです。

 

 

わずか数秒。

「やめろ!」と

強い意思表示をしましょう。

 

 

これはとても重要なポイントです。

 

 

大人しいと思ってカラかったのに

意表を付いて反撃された場合

相手は面食らい、大きな衝撃を受けます。

 

 

たとえ見た目がカワイイ小動物でも

キバを剥きながら噛み付いたり

鋭いツメで攻撃してこられると

恐怖を感じるものです。

 

 

実際、脅威的な相手に対して

立ち向かっていくのは

とても勇気の要ることですが、

 

 

中学や高校の場合、言葉による

たった数秒の反撃ができなければ

その後、三年もの長い学校生活を

ずっと悩んで過ごすことになります。

 

 

とにかく最初が肝心ですし、

仮に、途中からであっても、

自分自身が「変わる」意識を持って

毅然に振舞えば状況は好転します。

 

 

kawaru

 

 

社会人の場合であれば、

 

 

仕掛けてきた相手にもよりますが、

「完全に取り合わない」のが

得策であり、賢明な対処法です。

 

 

なにはともあれ、

そのように対応したあと、

 

 

かならずやっておくべきことは、

自分の行動や言動などに

問題がなかったか?見直すことです。

 

 

往々にして、他人は自分を映す鏡であり、

知らず知らずのうちに、自分から

キッカケを作っている可能性もあります。

 

 

解決を望み、現状を好転させたいなら、

相手を変えようとするのではなく

まずは自分が変わることです。

 

 

勇気を持ち、

自ら行動や意識を変えない限り、

いつまでも今と同じ状況が続いていきます。

 

 

これは「イジメ」に関係なくとも

ビジネスも含め、

人生全般において言える

とても重要なポイントです。

 

 

ということで、

 

 

人生を180度大きく変えるためには

「変わるぞ!」という強い意志で

「決断」し、「行動」することです。

 

 

それに要する時間は、

わずか数秒です。

 

 

sitti

 

 

自ら「変わる」と決めた【瞬間】

人生は大きく変化しはじめます。

 

 

 

ということで、

今回は以上となります。

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました。

 

▼ではまた次回。