どうも、多司です。

 

 

今回は、先日お話した

「無形の情報が何でそんなに高いの?」

[続き]になります。

 

 

で、5~10万円の1dayセミナーとか、

数十、数百万円が相場の塾などを

オファーされた場合、

 

 

人生をより豊かなモノにできる

可能性を感じつつも、

 

 

 庶民的金銭感覚によって、

十分納得できる内容でない限り

気軽に手を出すことが出来ないワケです。

 

 

mayoi

 

 

しかも、それ以前に、

巷の噂や、心理的な壁によって

胡散臭いとか、怪しいとかの

疑念が先に立ちはだかるので、

 

 

「騙されてしまうのではないか?」

 

 

という気持ちが強いため

いつまでも決断が出来ず、

決済画面の前で何時間も悩み続ける

ということが往々にしてあったりもします。

 

 

ですが、ビジネスの経験を重ねていくと

何が信頼できて、何が信頼できないかを

ある程度、見分けられるようになってきます。

 

 

その際、ネット上のレビュー記事は

自作自演の高評価レビューのほか、

アンチ派による風評も含まれており、

信憑性も低いので参考になりません。

 

 

とにかく、人生の岐路に立たされた時は

これまで紆余曲折してきた

自らの経験値に頼る以外ないです。

 

 

deta

 

 

セミナーや塾の募集に関しては、

どちらも区別がつかないくらい魅力的で

似たようなセールスを掛けてきますが、

 

 

販売者や講師のこれまでの実績だとか、

相関的な人脈の繋がりだとか、

そういった諸事情がわかってくると

 

 

信頼できそうに見えても、実は不誠実だとか、

不誠実そうに見えるけど、実は信頼できるとか、

 

 

はたまた

既に枯れ果てた再現性の低いノウハウを

計画倒産的に売りに出している。とか、

 

 

まだまだ伸び代がある状態なのに、

最新のノウハウを惜しみせく誠実に

提供してくれようとしているだとか

 

 

そうかと思えば

まったく見ず知らずの新人起業家が

突然、饒舌なトークで塾募集しているけれど

 

 

その人をバックアップしているのは、

経歴の長いベテラン起業家のアノ人だから

信じても大丈夫だろう。とか、

 

 

そういった、いろんなことが

何モノにも頼ることなく、

比較的、高い精度で

自主的に判断できるようになります。

 

 

tenbin

 

 

なので、最初はオッカなビックリで

及び腰だった状態だったとしても、

安全性を確信した上で信頼ある情報を

掴み取る事が出来るようになるワケです。

 

 

音楽家でも、小説家でも、

アスリートでも、その他プロと

呼ばれる人たちであれば、その多くは、

さらなる進化を目指し続けています。

 

 

たとえば、

アクアリウム水槽を何も手入れせず

何日も水を変えなければ

中の魚たちは死に絶えることでしょう。

 

 

なので、水は常に循環が必要ですし、

定期的な手入れも不可欠なのです。

 

 

ビジネスもこれと同じで

どれだけ軌道に乗っていようと

どれだけ順調に稼いでいようと

 

 

その状況に甘んじたまま

活動を止めてしまったら

酸欠して死に絶えてしまいます。

 

 

bin

 

 

ということで、

今回もちょっと長くなってしまったので

この続きはまた次回お話します。

 

 

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました。

 

 

▼ではまた次回。