どうも、多司です。

 

 

たとえば、

 

 

芸能人のスキャンダルだとか、

 

バカッターの問題ツイートだとか、

 

YouTubeのお騒がせ動画だとか、

 

 

とにかく、

他人のアラに気づいた途端、

 

 

それはもう、水を得た魚のように

活き活きと威勢よく、寄ってたかって

バッシングを始める人達がいますよね。

 

 

enzyo

 

 

欲求不満の捌け口とも思える

救いようのない無益な、その労力が

どこから湧き出てくるのか不思議ですが

 

 

人は誰しも完璧じゃないので、

多かれ少なかれ過ちを犯す事だって

当然あるワケなんですが、

 

 

バッシングしている人の中には

他人を責める資格もないほど

人に言えないぐらい恥ずかしい秘密を

もってる人だって必ずいるはずです。

 

 

にもかかわらず、

利己主義というか、自己中というか、

客観的な見方が出来ない人が

やたらと多い気がするワケですよ。

 

 

これに似たことは

オレオレ詐欺(振り込め詐欺)の

被害者にも同じことが言えるワケで

 

 

sagi

 

 

テレビや新聞などで、毎日のように

同様の事件やニュースが報道されると

「またダマされるヤツがいるよw」と

嘲笑している人であったとしても、

 

 

いざ自分の事となると、

途端に頭の中が真っ白になっちゃって、

子どもでも見破れるような芝居にコロリと騙され

お金を取られてしまう人が多いワケです。

 

 

統計によれば、その被害額は

年々右肩上がりの傾向にあるらしく

 

 

なぜ、あれほどまでに警察やマスコミが

注意を呼びかけているにもかかわらず

騙される人があとを断たないのか?

 

 

その理由は、これまた

客観的な見方が出来ない人が

少なくないからだと思います。

 

 

kagami

 

 

被害に遭う原因はすべて、

他人事として捉えているからであり、

 

 

自分が被害者になったときの脳内訓練は

時々、行なっていたとしても、

 

 

フイを突かれた状態で、しかも緊急性のある

アクシデントともなれば、次々に翻弄される上、

意識がそこだけに集中してしまい、

視野も狭くなって事件性に気づけなくなるワケです。

 

 

しかも、このような盲目的状況は、

多少意味合いは違えど、インターネットを含む

ビジネス全般にも存在しています。

 

 

どういうことかというと、

 

 

自分が売られる立場、つまり

お客さんの立場だったころは、

 

 

タワーマンションやら

派手なパーティーやら、高級外車やら、

豪華な海外旅行などをひけらかし、

 

 

やたらと自由をアピールしながら、

高額商品を売り込んでくるスパム販売者を

心の底から嫌っていたはずなのに、

 

 

いざ自分が販売する立場になると

あの頃の気持ちをすっかり忘れてしまい、

結局、彼らと同じことをしていたりして、

 

 

kane

 

 

アフィリエイターならば尚更のこと

売り込み色の強い活動に

走ってしまう人が多いワケです。

 

 

いずれにせよ、

なんとなく物事が上手くいかず、

軌道のズレを感じたときには

再度、自分自身を客観視すべきだね。

 

 

ということで、

今回は以上となります。

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました。

 

▼ではまた次回。