どうも、多司です。

 

 

成功をめざそうとする場合

 

 

その行く手には

さまざまな不安や困難が

待ち受けていたりします。

 

 

 

 

 

 

まあ、いわゆる

「敵キャラ」みたいなものが

ウヨウヨ現れるワケなんですが、

 

 

ここで、あなたに質問です。

 

 

成功を目指す過程で、特に

自分にとって最強の敵となりうるものは

 

 

何だと思いますか?

 

 

それなりに

成功哲学を学んでいる人なら

すぐにわかると思いますが、

 

 

答えは

 

 

「自分自身」です。

 

 

 

 

 

 

元来、人間というのは

怠け者で、楽をしたがりますから

隙あらば、サボろうとするワケです。

 

 

また、未開の地に足を踏み入れる場合

さまざまな不安や恐怖に襲われて

決断を躊躇い、早々に諦めようとします。

 

 

なので、成功を目指す場合、

いつまでも成果が出ていないのだとしたら

 

 

思考そのものに

リミッターを掛けてしまった張本人

 

 

つまり

「自分のせい」ということになるワケです。

 

 

 

 

 

 

かつて、古代ギリシアの

アポロン神殿の入口には

 

 

「汝自身を知れ」

 

 

というソクラテスの言葉が

刻まれていました。

※ちなみに、僕の家の入口には

「猛犬注意」のステッカーが貼ってありますw。

 

 

「汝自身を知れ」って言葉は

一見、深く、いろんな解釈が出来そうで、

実際、様々な捉え方をされていたりもしますが、

 

 

個人的には、自己意識に手綱を付けよ。

という意味合いと解釈しています。

 

 

つまり、限界の無いところに

あえて限界を設けてしまうのは

自身の怠惰や弱さだから、

 

 

そこに気付け。ってことです。

 

 

 

sokuratesu

 

 

 

実際のところ、ソクラテスが

そういう意味で掲げた言葉かどうかは

知る由もありませんが、

 

 

いずれにしても、紀元前400年頃から、

自己の軌道修正を促す言葉が

すでに存在していた。ということです。

 

 

そんなこんなで、

 

 

もうひとつの質問になりますが、

 

 

任天堂のドル箱ゲームに

スーパーマリオがありますよね?

 

 

 

 

 

 

ストーリーは単純で、

弟のルイージと共に

大魔王クッパに連れ去られた

ピーチ姫を救うゲームなんですが

 

 

では、このゲームをプレイする上で、

プレイヤーにとって、

一番の強敵は誰だと思いますか?

 

 

。。。クッパ?

 

 

いや、これもまた

 

 

「自分自身」なんですよ。

 

 

 

jibun

 

 

 

だって、ゲームというのは

そのすべておいて、

最後は必ず勝てるように

プログラムされてるワケですから

 

 

ゲームがクリア出来ないって場合は

自分自身の思考や努力や忍耐やスキルが不足してる

という事になるワケです。

 

 

けど、なんというか、そのぉ

娯楽を目的とするゲームに対して

努力とか忍耐って表現を用いるのも

なんだか妙な感じがしてしまいますが。。。

 

 

いずれにせよ、

 

 

良くも悪くも、結果を決めるのは

すべて「自分自身」の心の持ち方ひとつ

ということです。

 

 

自分にとって最強の敵は「自分」であり

ワンランク上のステージに駒を進めるには

「自分自身」に勝つことが必要なのです。

 

 

ということで、

今回は以上となります。

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました。

 

▼ではまた次回。