どうも、多司です。

 

 

つい最近まで、

鳥の中で一番頭が良いのは

カラスだと思っていた僕ですが、

 

 

実は、カラスに勝るとも劣らない

知能指数の高い「鳥」の存在に

気づいてしまいました。

 

 

っで、

その鳥がどんなトリかというと、

 

 

名前が、

「ササゴイ」って言うんですが、

この鳥、とにかく賢いんですよ。

 

 

sasago

 

 

というのも、ササゴイは、

カモやアヒルと同じように

公園の池などに居たりするんですが、

 

 

公園だから時々人間がやってきては、

きまぐれに

パンくずなどのエサをくれるワケです。

 

 

っで、カモとかアヒルとかは、

人間からエサをもらうとすぐに

パクパク食べちゃうワケですが、

 

 

ササゴイさんは、ひと味違うんですよ。

 

 

何がどう違うのかというと、

実は、人間からもらったパンクズを

そのまま食べようとせずに、

 

 

ライバルの居ない別の場所に移動すると

すかさず、そのパンクズを

池の水面に浮かべるんです。

 

 

minamo

 

 

一体なにをしているのか?

 

 

実は、

そのパンクズを「食物」としてでは無く

「撒き餌」という仕掛けに利用しながら

 

 

パンクズよりも体積がデカくて、しかも、

栄養価の高い「魚」を生け捕りするための

「道具」として活用しているワケです。

 

 

要するに、「釣り」ですね。

 

 

必死に動き回って狩りをするのではなく、

「思考」を使い、少ない労力で

パンクズというレバレッジを利かせながら

 

 

魚が集まってきたところをサクッ!と、

素早い動作でゲットするという戦略。

 

 

まさに、「海老で鯛を釣る」という

ことわざどおりのことを

ササゴイさんは実践しているワケです。

 

 

っで、一応、その様子を収めた

ササゴイさんのハンティング動画が

YOUTUBEにありましたので

興味があれば確認してみてください。

 

 

文字で見るよりも、実際の様子を見ると

「おお!頭っイイ!!」ってなりますよ(笑)

 

 

 

 

ということで、

 

 

ササゴイさんの事例からも分かるとおり、

大きな成果を得たいと思うなら

思考にヒネリを加えろということです。

 

 

このことを

インターネットビジネスに置換して

考えてみると、

 

 

多くの人が、ビジネスで成功したいとか、

自由な時間やお金を手に入れたいと

思っているにもかかわらず、

 

 

悲しいかな、いつまでも成功できない人や

成果を出せずにいる人が大勢いるワケです。

 

 

その原因はいろいろあると思いますが、

 

 

学習したことを、

そっくりそのまま知恵も使わず、

 

 

ライバルと同じ場所で

ライバルと同じようなことを

何の工夫もせずに、

やっているからではないのか?

 

 

という気がします。

 

 

hoho

 

 

往々にして、人というのは、

他人と同じ行動を取り、それによって

安心を得ようとします。

 

 

しかし、ビジネスの場合は違います。

時に群集心理は命取りとなりますので

そのような習性を切り替えなきゃいけません。

 

 

にもかかわらず、

そのことが頭で理解できていても

行動に移せない人がやたら多いです。

 

 

現状の成果が今ひとつと感じる場合は

再度、ササゴイさんの生態行動から

気づきを得て欲しいと思います。

 

 

ということで、

今回は以上となります。

最後までお読みいただきまして

本当にありがとうございました。

 

▼ではまた次回。