どうも、多司です。

 

 

ということで、

質の高い価値ある情報を記事にするには(前編)

からの続きとなります。

 

 

WEB上に氾濫する情報は

星の数ほどあるワケですが、

 

 

 

 

 

 

イチ個人が発信している情報は、

多くの場合、何の検閲も受けていないワケですから、

当然ながら信憑性が低い傾向にあります。

 

 

特に、芸能界に関するトレンド系のネタついては、

根拠の無いデマやゴシップが

錯綜している事も多かったりするワケです。

 

 

なので、そういったことを踏まえて考えると、

 

 

訪問者の抱えている「悩み」や「困った」に対し、

「たぶん ~ だろう」的な、やっつけ感覚で書いた

無責任な情報をネット上にアップしたりすれば、

 

 

その記事はもちろん、

ブログやサイト全体のイメージも下げ、

ひいては、あなた個人の人間性に対する評価すらも

大きく損ねかねないワケです。

 

 

 

rakka

 

 

 

たとえば、

インターネットでビジネスを実践する人に

よくある話ですが、

 

 

特に情報発信をする場合、

文章が何も浮かんでこないという人がいます。

 

 

その状態というのは 結局のところ頭の中に、

情報を発信するために必要なノウハウが

蓄積されていないことが原因なワケで、

 

 

わかりやすく、リアルな店舗に例えれば

仕入れをしていない状態。つまり、

商品の陳列棚がすべてガラガラなのと同じです。

 

 

 

 

 

 

ですから当然、

訪問客を満足させることも出来なければ

報酬が発生することも無いワケです。

 

 

では、自分の頭に、実体験の無い

専門的なノウハウを蓄積するためには

どうしたら良いのか?

 

 

実は、

それについては、とても簡単な方法があります。

 

 

単純に考えれば

元となる正確な情報を仕入れたら良いわけです

それにより、確実に信頼を上げることができます。

 

 

だとしたら、その情報を

どこから仕入れたら良いのか?

 

 

 

fusigi2

 

 

 

それは、発信しようとする情報に関連した

「書籍」および、「専門家」から ということになります。

これこそが信用を落とさない確実な方法です。

 

 

今、「な~んだ、そんなことか。。。」と

思った人に、あえて問いますが、

 

 

あなたは今まで

そんな簡単なことが

出来ていましたか?

 

 

出来ていたなら何も言うことはありませんが、

 

 

そんなことすら、軽視して実行していないとすれば

質や価値の高い情報を発信することもできず

必然的に成果実績も出ていないのではないでしょうか?

 

 

成果が出ているなら申し訳ありませんが、

もし今、なんの成果も出ていないということであれば

まずは、当たり前と思っているような

【基本】を鬼ほど「ヤリ込む」必要があります。

 

 

そうしなければ成長も進化もありえません。

 

 

成果の出ていない人ほど、否定的な考えや能書きが多く、

行動しない傾向にありますから、あらゆる意味で

良い方向性への成長や変化を望むのであれば、

とにかくヤリ込みましょう。

 

 

仮に、ダイエットに関する濃厚な情報を発信したいのであれば

専門書を読み、さらに、ダイエット関連の情報に精通した専門家から

生々しいほどのリアルな情報を引き出します。

 

 

専門家といっても、

学識の高い博士レベルの人でなくても良いです。

 

 

家族、友人、知人などの中に、

ダイエットに成功した人、失敗した人などから

書籍やブログにも掛かれていないようなリアルな独自体験談を

聞き出すことが出来れば、最強のコンテンツになります。

 

 

専門書に関しては、

 

 

最低、同ジャンルの本を三冊以上読みましょう。

 

 

それにより専門知識が脳内に

クリーンインストールされていきますし、

すべての本に共通して記されている

その分野の基本セオリーがハッキリ見えてきます。

 

 

書籍にはネット上に出回っている情報とは

比べものにならないほど

有益で正確な内容が詰まっています。

※もちろん例外もあるにはありますが。。。

 

 

書籍の内容を頭の中にしっかり落とし込むには

朗読がもっとも記憶として脳に定着しますので

出来れば声を出して読むのが効果的です。

 

 

最低三冊の本を読むことで、そのジャンルに共通した

重要なポイントや胆がハッキリと見えてきます。

金銭的にキビしい場合は、図書館を利用しましょう。

 

 

 

 

 

 

あとは、自分の頭の中にある

思考フィルターを通し、自分自身の言葉や表現で

アウトプットします。

 

 

当然ですが、本に書いている内容をそのまま

パクったり、コピったりするのは「NG」です。

あくまで自分の解釈、自分の言葉で表現します。

 

 

あなたの思考フィルタを通して発せられる言葉は

当然ながら、あなたのオリジナルになります

 

 

記事を書き始める最初の内は、

知識が乏しくて、なかなか書けなかった文章も、

上記のことを実践することで、

次第に湧き出てくるようになります。

 

 

 

arekore

 

 

実際の話として、

すでに自分が経験した事、興味のある事、

得意な事などについては、いちいち考えなくとも

自然と言葉が出てくるはずです。

 

 

普段、物静かな僕の友人は、ひとたび

大好きなサッカーの話題になると、水を得た魚のように

活き活きと際限なく語り続けます(笑)

 

 

要するに、それと同じなんです。

知識があって気持ちがノッてくれば

人はいくらでも話すことが出来るってことです。

 

 

本を読み、その知識を脳内にインプットすることで

今度はあなたの知識として、それを必要としている人に

確かな情報を提供することが出来るようになります。

 

 

もし今、

何らかの専門的なテーマについて

即興で語ることや、書くことができないとすれば

 

 

ただ単に、情報が足りて無いだけですから

積極的かつ、意識的に

インプットしていきましょう。

 

 

ということで、

今回は以上となります。

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました。

 

▼ではまた次回。