どうも、多司です。

 

 

久々に、超基本的なところでミスりました。

そりゃもう、この猫くらい、見事なまでに(笑)

 

 

 

 

 

 

わかってるつもりなのに、

自分の事になると途端にわからなくなる現象

とでも言うのでしょうか。。。。

 

 

というのも

日頃、僕が展開するビジネスにおいて

顧客のみなさんに対しては、以下のような

 

 

 

「こちらからお送りするメールが迷惑フォルダに

 自動で振り分けられてしまう場合がありますので

 確実にお届けできるようメール設定の見直しを・・・」

 

 

 

的なメッセージをお伝えしていたりするのですが、

 

 

あろうことか、 、、

 

 

自分宛に届くメールに対しては、

そのような対策的配慮を

 

 

 

していなかった。。。。

 

 

 

こう言った事を

灯台もと暗し?とでも言うんでしょうか?

使い方が間違ってたら教えてください(笑)

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、

昨日の事になるんですが、

本来届くべき大事なメールが

いつまで経っても届かなかったので、

 

 

頭の中が、

??????? になったワケで。。。

 

 

結論から言ってしまうと、その原因はGmailの、

良く言えば、気の利いた働き、

悪く言えば、勝手な振り分け機能によるモノで

ちゃっかり迷惑フォルダに届いていたというオチ。

 

 

なぜ、人に対しては注意を促しておきながら、

自分の事となると、そこがスコーン!と抜けて

まず最初に疑うべきチェックすら忘れてしまうのか、、、

あ~ぁ、自己嫌悪(>_<)

 

 

 

なので、そう考えると。。。

 

 

 

テレビとか新聞とかで、これほど頻繁に

振り込め詐欺に関する注意喚起がされていても

一向に被害者が減らず、被害総額も年々増えている

という現状からして、

 

 

多くの人が、心のどこかで「自分には関係ない」とか

「自分はだけは大丈夫」などと考えてしまう事で

一向に被害が減らないような気がするワケです。

 

 

 

 

 

 

だとすれば、各種「情報」を受け取る側は、

その内容を「傍観者」としてでは無く、

常に、「当事者」として意識すべき であり、

 

 

ほんのすこしの時間でも良いので、その情報を

シミュレーション的に、等身大の自分に

置き換えて考えてみることが必要だと思うワケです。

 

 

特に、今回の迷惑メール振り分けのような

基本中の基本を、真っ先に思いつかないような自分は

 

 

近い将来、振り込め詐欺のような古典的トラップに

まんまとハマってしまう可能性が十分あるわけで。。。

 

 

 

 

 

 

と、ここまで読んでいるあなた自身においても、

 

 

相手の仕掛け方が、巧妙であればあるほど、

もしかしたら。。。。ってことも可能性として

無いとも言い切れないので、

 

 

日頃から、情報に対する

「思考のシフト」というか「意識の置換」

しておいた方が良いです。

 

 

 

いずれにしても

 

 

 

何かに行き詰ったら、

まずは基本に立ち返ってみることが

必要だよね(・ω≦)

 

 

 

ということで、

今回は以上となります。

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました。

 

▼ではまた次回。